DEOS

DEOS

球体スクリーン型 コンテンツ上映装置

Dome of EOS -- EOS(エオス)とはギリシャ神話でオーロラの女神

設計・デザイン・開発:古賀祐三(遊造) 2008/03

機能:

高精細ドーム映像の上映。

インターネット接続を行うことで、Live!オーロラ・アラスカ観測所の全天周ライブカメラ映像を球体スクリーンに映し出す。

意匠コンセプト:

オーロラ・オーバルをまとい、宇宙空間に浮かぶ地球をイメージした。ドームスクリーンを固定する円盤部は地球極域の上空に浮かぶオーロラ・オーバルを、筐体を支える外周の局面部材は、地球を覆う磁力線を表している。また、球体スクリーンを子どもや車椅子に乗る人でも覗きやすくするために、前方に傾斜をつけたが、傾斜角は映像が見やすい角度を考慮しながら、地軸の傾きに近い23度とした。

開発コンセプト:

オーロラは地球環境と関わりが深い自然現象であるため、筐体を製造する際に必要な金属部材は、端材(廃棄用部材)を効率よく活用し、意匠面だけでなく、開発・製造面でも地球に対するメッセージを持たせた。

 

 

 

※一台ずつ、オーダーにより開発・製造、納入となります。

※写真は2008年3月、大阪・ナレッジキャピタル トライアルに総務省ブースで展示した様子です。

  お知らせ / イベント・上映 / パブリシティ

☆2018年02月11日 朝日新聞「オーロラ中継、郡山のプラネタリウムで 3月まで」
☆2018年01月23日 Astro Arts星ナビ「銀座でアラスカの夜空をリアルタイム体験」
☆2018年01月16日 毎日新聞「オーロラ写真や映像、生中継画像も 東京・銀座で作品展」
☆2017年12月12日 取材(古賀)BE-PAL(小学館)「野遊びマスターの偏愛ベストバイ」
☆2017年09月06日 報道ステーション(テレビ朝日) 4Kリアルタイムオーロラ映像を提供