Top  >>  about us  >>  アラスカ観測所
about us
会社概要
弊社の特徴
アラスカ観測所
パブリシティ
お問合わせ

creativity & engineering 技術・科学、アイデアは、夢を叶えてくれる。

 弊社の創業目的は、ある目的を具現化することでした。そして、具現化するには科学知識、多様な技術、国際間の交渉、プロジェクトの創設と運用経験が必要でした。そして具現化した後も、科学知識の習得や技術の研究開発を続け、プロジェクトに含まれるBtoC,BtoBサービス運用も行うことで、貴重な経験が積み重なっています。

科学を知る事は「方法」を知る事。技術を身につけることは「具現化する術」を得ること。

 目的に対して、実現の可能性を探る手法は、多面的な視野と柔軟な考え方によってもたらされることを、私たちは経験を持って知っています。 有限のリソースから、時には儚い夢に一歩も前に進まないことがあります。しかし多面的に視野と手法を広げると、そこにヒントが埋もれていることは少なくありません。そのヒントを探し出し、カタチにすることが最も得意です。`

  「プロデュースから始める」ー 調べる・考える・創る・提供する・運用する

 「できないかもしれない・・」。物事に行き詰まる時、現状を把握するために、ドバーっと資料を広げます。見失っている事、取り組んでいない事、余計な事、気が付いていなかった原石。それらを組みなおします。そして試してみます。 弊社はモノをつくる会社ですが、モノにはプロジェクトも含まれています。

 人や社会の行動分析と技術・科学との融合で、『こんな事ができたら幸せ』ということを、皆様とご一緒に実現していきます。

   運用と研究開発で包括する、技術・サービス (Original Systems)

 弊社が自社プロジェクトで取り組んできた「Live!オーロラ」は技術・マーケット双方で、社会に存在しないものが多く含まれていました。その背景には当然苦労もありましたが、一方で「作る・考える」事の多くの経験は、何物にも代えがたい財産です。この経験や技術を活かし、ささやかでも社会を支えたいと思っています。

  技術、知識、サービス運用経験分野

 自社プロジェクトを実現・運用する一方で、様々な分野や技術を経験することも大切にしてきました。その中には専門知識を必要とする分野も含まれていますが、未知なものを学び・習得することも喜びでもあります。

  お知らせ / イベント・上映 / パブリシティ

☆2018年02月11日 朝日新聞「オーロラ中継、郡山のプラネタリウムで 3月まで」
☆2018年01月23日 Astro Arts星ナビ「銀座でアラスカの夜空をリアルタイム体験」
☆2018年01月16日 毎日新聞「オーロラ写真や映像、生中継画像も 東京・銀座で作品展」
☆2017年12月12日 取材(古賀)BE-PAL(小学館)「野遊びマスターの偏愛ベストバイ」
☆2017年09月06日 報道ステーション(テレビ朝日) 4Kリアルタイムオーロラ映像を提供