Top  >>  about us : 会社概要
about us
会社概要
弊社の特徴
アラスカ観測所
パブリシティ
お問合わせ

エンジニアリングとアイデアで、夢をカタチにするカイシャ

会社名
有限会社遊造 (eng: U-ZO co.,ltd.)

本社・調布R/D
〒182-0006 東京都調布市西つつじヶ丘2-4-1 エストライフつつじヶ丘3-102

営業拠点
〒181-0013 東京都三鷹市下連雀3-38-4 三鷹産業プラザ Map

Tell / Fax
050-5855-1952   /  お問合せフォーム

設立
平成16年4月

資本金
300万円

主要取引銀行
三菱東京UFJ銀行 渋谷支店 / 多摩信用金庫 三鷹駅前支店

代表取締役
古賀祐三 (自然科学クリエイター/エンジニア/クリエイティブディレクター)

主な業務内容
Webシステム/ホームページ製作・開発、IoT・リモートセンシング技術開発 、コンテンツ販売、Webサービスの運用、イベント・上映・講演の実施、プロデュース等

  代表者略歴 / スタッフ

古賀祐三 代表取締役 / エンジニア・自然科学クリエイター / クリエイティブディレクター 愛知県生まれ。 工学修士。日本大学 大学院 理工学研究科 機械工学専攻 博士前期課程修了。 研究内容:バイオメカニクス(長野五輪スピードスケート選手のサポート)。 国内電機メーカー勤務後、独立。
事業計画作成、中継網設計、交渉開発全てを網羅し、14年の準備の後、Live!オーロラを開発・始動。
日本科学技術ジャーナリスト会議正会員
2005年 北海道大学 科学技術コミュニケーター養成ユニット 講師
2007年ー2011年 国立天文台 科学文化形成ユニット 講師
2016年ー2017年 白百合女子大学 非常勤講師
2004年 愛・地球博AiAホームページコンテスト優秀賞(NICTと共同受賞)
2008年 科学ジャーナリスト賞 最年少受賞(日本科学技術ジャーナリスト会議)
2011年 文部科学大臣表彰 科学技術賞

DVD:Live!オーロラ ベスト・セレクション(2006,2007)(日本コロムビア)

著書:僕がオーロラを世界にシェアできたわけ(誠文堂新光社)

國方多真紀 エンジニア。 インフラ、ハード制御(サーバー、光学機器)開発。ネットワーク・サーバーは基幹系からインフラ通信制御、最適化設計まで行う。Live!オーロラ始動時よりコア・技術面と航空自衛隊エンジニアの経験を活かした多岐に渡る知識と経験にて技術面を担当。

著書:実践 企業情報 ネットワークの保護管理(技術評論社)

  沿革(~2013年) -  Live!オーロラの活動歴 

1999年8月
東京・代々木上原にて個人事業主「遊造」開業。マーケティング等上流工程からシステム開発業務を中心に活動開始。

2000年4月
東京国際フォーラムと東京會舘全体を使った大規模学会「第100回日本外科学会総会」のシステム開発・現場運用を担当。SNS・論文DB連携システム[PANDA]開発。当時まだインフラ整備がなかった会場内にシステム利用コーナーの設置・運用も行う。国内では前例の少ない大規模学会における参加者コミュニケーションシステムを実現。

2001年
オーロラ情報サイト「オーロラが空に浮かぶ世界」開設。Yahoo!Japanクールサイトに認定。

2003年
独立行政法人通信総合研究所 CRL(現 NICT)からの開発受託業務開始。

2004年
東京・杉並区へ移転。有限会社遊造として法人化。

2005年
NICTへの企画開発Web作品「オーロラライブ」が愛・地球博AiAパートナーシップホームページコンテスト優秀賞受賞

2006年
独立行政法人情報通信研究機構(NICT)へ「宇宙天気情報センター」企画開発。

2006年
東京・三鷹市へ移転。(経済産業省・中小機構 中心市街地都市型産業基盤施設整備事業)(経済産業省・中小機構 中心市街地都市型産業基盤施設整備事業)「三鷹産業プラザ」

2006年
NECとスーパー超高感度TVカメラの共同プレスリリース。

2006年
総務省・NICT超高速・高機能研究開発テストベッドネットワーク共同研究開始。

2006年
米国・アラスカ州内に観測所を設置(アラスカ大との契約)

2006年
独自プロジェクト「Live!オーロラ」始動。フルカラーTVカメラ動画中継含む総合システムも開発。

2007年
名古屋市科学館と協働で世界初のプラネタリウムへのオーロラ動画生中継の実施。(1ヶ月間)。

2008年
科学ジャーナリスト賞受賞(代表・古賀)

2008年
コロムビアミュージック(日本コロムビア)からLive!オーロラ公式DVDリリース

2008年
コニカミノルタ「宇宙から見たオーロラ展」協力・コンテンツ配信開始。(~2016年まで9年間)

2009年
大阪・北ヤード ナレッジキャピタルトライアル、ドーム型スクリーン上映機「DEOS」開発展示(総務省ブース)

2009年
Live!オーロラ for iPhoneApp リリース

2010年
多摩六都科学館とLive!オーロラ上映実施協定締結、全天周オーロラ生中継に世界で初めて成功

2010年
毎日新聞社共催、(独)科学技術振興機構後援「Live!オーロラ・ドリームキャラバン(全国オーロラ生中継プロジェクト)」実施

2010年
山梨県立科学館にて全天周オーロラ生中継(Live!オーロラ for DOME)初のロングラン定期開催

2011年
震災による配信環境の被災を切欠に、Live!オーロラ・フルカラー動画中継 ニコ生公式Ch開設・放送開始

2011年
文部科学大臣表彰・科学技術賞受賞(代表・古賀)

2011年
文部科学大臣表彰・科学技術賞受賞(代表・古賀)

2012年-2013年
福島県郡山ふれあい科学館にて全天周オーロラ生中継(Live!オーロラ for DOME)のロングラン定期開催

  お知らせ / イベント・上映 / パブリシティ

☆2018年02月11日 朝日新聞「オーロラ中継、郡山のプラネタリウムで 3月まで」
☆2018年01月23日 Astro Arts星ナビ「銀座でアラスカの夜空をリアルタイム体験」
☆2018年01月16日 毎日新聞「オーロラ写真や映像、生中継画像も 東京・銀座で作品展」
☆2017年12月12日 取材(古賀)BE-PAL(小学館)「野遊びマスターの偏愛ベストバイ」
☆2017年09月06日 報道ステーション(テレビ朝日) 4Kリアルタイムオーロラ映像を提供